離れていった不倫相手と復縁がしたい!あなたができる3つの方法

「離れていった不倫相手と復縁したい!」
いけない関係だと分かっていたとしても、どうしても心残りになってしまうものでしょう。

不倫相手と復縁することは簡単なことではありません。
しかしあなた自身が相手の気持ちに配慮できるのであれば、寄りを戻すこともできるのではないでしょうか。
あなたができる最善の方法をお伝えしていきましょう。

不倫相手があなたと復縁したいと思う瞬間を理解する

離れていった不倫相手があなたと復縁したいと思う瞬間は、間違いなく「寂しい」と感じたときです。
寂しいと感じるのは、精神的な支えがほしいと感じるときもあれば、肉体的な欲求を満たしたいということもあるでしょう。
関係があったあなたのことを思い出す、そんなことがあるのならば相手もあなたとの復縁を望んでいるのかもしれません。

不倫相手と復縁するためにあなたができる3つの方法

1、焦らずに少しずつ距離を縮めていく
2、相手を独占しようとしない
3、相手の家族にバレないように配慮する

不倫相手と復縁したいのであれば、この3つの方法は必須条件となります。
順番にお伝えしていきましょう。

1、焦らずに少しずつ距離を縮めていく

あなたには復縁したいという熱い思いがあるかもしれませんが、少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。
離れていくことになった不倫相手には、必ず事情があるはずです。
もしも相手にも復縁したい気持ちがあるとしても、罪悪感を感じていたり家族にバレそうになっていたりして、警戒している可能性があるからです。
離れていった距離を埋めるには時間が必要。
じっくりと距離を縮めていきましょう。

2、相手を独占しようとしない

不倫相手は、基本的に配偶者との関係を大切にしたいと考えています。
仮に口では「離婚したい」といっていても、行動に移すことはなかなかないのが実情なのです。
どうしても独占したいという気持ちが沸き起こることは仕方のないことかもしれませんが、復縁したいということならば、相手の気持ちに寄り添っていかねばならないのです。

3、相手の家族にバレないように配慮する

不倫はバレてしまったら終わるものだと理解しておかねばなりません。
厳しいようですが配偶者にバレたときには、あなたのもとから相手はいなくなってしまうのです。
復縁したいのであれば、絶対に相手の家族にバレないように、合うときや連絡方法などについても相手の都合に合わせるようにしなければなりません。
つまりあなたの気持ちを中心に関係を進ませてはならないものなのです。

不倫相手が離れていった理由を知っておく

あなたのことを愛しているとしても、なかなか一緒に暮らす家族と分かれることは簡単なことではありません。
配偶者には愛情を感じないとしても、離婚までは踏み切れない、子供たちとは離れたくない、そのように考えることは自然のことなのです。
不倫相手が離れっていった背景には、そのような事情があったのかもしれません。
今までのあなたとの関係のなかで、楽しかったこともあったかもしれませんが、その反面、苦しみも抱えていたのではないでしょうか。
「寄りを戻したい」とどうしても復縁を希望するのであれば、そのような相手の気持ちに配慮して接していけるように自分自身が変わることも大事です。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。