不倫の悩みを消化する方法ってある?

●不倫を恋愛として楽しみ続ける
●実らない恋として別れてしまう

不倫で悩んでいる人の心理はこのどちらかではないでしょうか。
自分自身の気持ちがうまくコントロールできないために苦しんでいるのです。
ここでは気持ちを整理するために、どのような方法で不倫の悩みを消化していけばいいのかお伝えします。

不倫しているとこんな悩みが…

不倫をしていると自分の感情とは裏腹に、パートナーにできないもどかしさを強く感じます。
相手の気持ちや心理状態を気にしながら、自分が進むべき「道」を探しているのではないでしょうか。

■こんな記事も参考にしてみてくださいね!
離れていった不倫相手と復縁がしたい!あなたができる3つの方法

それでも夫婦生活を続けなければならないの?

不倫とはいえ婚外恋愛ですから、恋をしていることには違いありません。お互いが恋愛関係であるときには、とても楽しい充実した時を過ごせます。

しかし浮気相手が既婚者であったり、自分に配偶者がいる場合には「それでも夫婦生活を続ける意味があるんだろうか?」と考えてしまうことがあります。

特に家庭での生活が最悪の場合、離婚して新しい生活を始めたいでしょう。

パートナーとセックスレスならば、不倫によって充実しているのかもしれません。

また浮気相手の家族に亀裂が入っているのならば、相手の奥さんや旦那と別れてほしいと願う気持ちを持つようになります。

特にこちらが独身の場合であれば、略奪愛を本気で考えてしまうことは不思議なことではありません。

SEXとお金だけが目的なの?

浮気や不倫だけの問題ではありませんが、お互いの関係性や気持ちが気になって仕方がないという人は少なくないでしょう。

「都合のいい時にSEXできる」
「いつもデート代やお金を出してもらえる」

このようなことが頭をよぎってしまうと、このまま関係を続けていいのだろうか、別れたほうがいいのだろうかと考えてしまいます。

でもそのような感情や想いは、関係が終わってしまうかもしれないと考えると相手にぶつけることはできないのです。

悩みすぎて病んでしまった…

不倫の悩みを相談できる相手がいずに、言葉に出せずに抱え込みすぎて、病んでしまうことがあります。

そのため精神科クリニックや心療内科に通院しているという人も少なくないのです。

「好きだけど未来が見えない」
「別れたくても別れられない」
「罪悪感で押しつぶされそうになる」

中には医師に何気なく相談して、アドバイスを受けているという人もいるようです。

子供は幸せに育つのでしょうか?

自分自身に子供がいる場合、パートナーに対する罪悪感よりも、子供に対する感情を強く持ってしまう人は少なくありません。

自分たち夫婦はどうなってもいいけど、子供は幸せを掴んでほしい。
親だからこそ、そう願う気持ちはあって当然のものでしょう。

しかしそう願う気持ちの根本原因は「不倫」であるということ。
この根本原因を解決できないのであれば、いつまでも子供に対して顔向けできないことになってしまいます。

バレて慰謝料請求されてしまった…

不倫慰謝料は、不倫相手のパートナーから請求されることがあります。

例えば既婚男性が不倫している場合、この男性の妻から男性に対して、また不倫相手の女性に対して請求することができるのです。

既婚者どうしの不倫ということであれば、バレてしまうことで双方のパートナーから同時に請求されてしまう可能性もあります。

そのため「バレずに関係性を維持する」という選択肢と「バレない間に早く別れて関係を清算する」という選択肢に悩んでしまうことになります。

不倫の悩みを消化する方法

「なぜこんなに不倫で悩まないといけないの?」

この記事を読んでいる人は、そんな想いが強くなっているのではないでしょうか。

ここに悩みを消化する3つの方法をお伝えしていきます。

相手との関係を清算してしまう

不倫は純粋な恋愛関係ではありますが、婚外恋愛であることは間違いありません。そのため清算してしまうことが悩みを消化するにはもっとも適切な方法だといえます。

そもそも悩みは、自分の幸せな生活が見いだせず、配偶者や子供などに対する罪悪感を感じるからこそ起きるもの。

浮気をしていても家族は大事にしたいという考えを持っていることも多いので、悩みをきっかけに奥さんや旦那さんを大事にすることも解決する手段の一つなのです。

もちろん別れには痛みを伴うものではありますが、大事な家族に嘘をついている自分が許せないのであれば決断の時かもしれません。

信頼できる人に相談する

不倫問題はなかなか周りの人に相談できる話ではありません。

信頼できる友人などであれば相談することで、抱えているものをスッキリさせることができるかもしれません。

ただし相談する相手は慎重に選ばねばなりません。

知人友人が、バレてはいけない配偶者などに近い存在であれば、万が一ということもあり得るからです。

またメールやLINEで相談すると、証拠となる文面が残ってしまうことにもなりますから、このようなことにも配慮しておく必要があります。

占い師に相談してみる

不倫などの悩みを専門的に占ってくれる『占い師』に相談している人はたくさんいます。

どうしても周りには相談できないという人であれば、人気の占いを利用することで一気に解決したという人も少なくないのです。

「タロット占い」「生年月日占い」「占星術」「四柱推命」などさまざまな占いの種類がありますが、自分が信頼できるものを選べばいいでしょう。

また電話占いなど、気軽に利用できるものも多くありますし、初回の場合、無料占いを利用できることもあります。

相談相手としては信頼できるものですから、自分の気持ちをぶつけてみるといいでしょう。

「浮気相手の心理状態や気持ちが知りたい」
「今後の離婚の可能性について知りたい」

相談内容をしっかりと決めておいて、ピンポイントで占ってもらうようにしてください。

ただし占いを過度に信用するようになって、「占い依存」とならないように注意することも大事です。

まとめ

●不倫を恋愛として楽しみ続ける
●実らない恋として別れてしまう

悩んでいる人の心理はこの2つに分かれます。

いずれにしても今とても悩んでいるということであれば、自分自身の気持ちがうまくコントロールできていません。

気持ちを整理するためにも、何かしら行動することが大事でしょう。









ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。